中性脂肪撃退術ダイエットサプリダイエットの話題


| カテゴリ ※コレステロールについて

  コレステロールと善玉・悪玉




コレステロールとは脂質の一種で、本来人間の細胞の細胞膜をつくったり、脂肪の消化に必要な胆汁酸の原料に欠かせない栄養素です。

コレステロールが少なくなると、血管が破れやすくなったり、免疫力が低下するなどの障害が現れます。
人間はコレステロールを食物から摂取するだけでなく、体内でも合成しています。

私たちの体は、毎日、およそ1,000mgのコレステロールを生産していると言われています。
血液中の脂肪は コレステロール・リン脂質・中性脂肪(トリグリセライド)・遊離脂肪酸という4っの種類に分けられますが、この中で リン脂質とコレステロールは、細胞を作る成分として使われ、中性脂肪と遊離脂肪酸はエネルギーとして利用されます。

食べ物から摂った脂肪や体内で合成された脂肪は 血液によって各組織に運ばれ利用されますが、コレステロール・中性脂肪・リン脂質の3っは疎水性のため アポ蛋白という蛋白質と結びついて「リポ蛋白」という水に溶けやすい粒子となって血液中を流れています。

しかし、このコレステロールが多すぎると、動脈の内壁上のあちこちに脂肪質の固まり(アテローム)が付着し、動脈内を狭めてしまうんですね。

これが、atherosclerosis(アテローム性動脈硬化症)として知られている病態なのです。

血管の内壁に脂肪が付着すると、心臓などの臓器へ送られる血の流れを閉塞してしまい、場合によっては完全にブロックしてしまうおそれがあります。
この脂肪性動脈硬化症が心臓血管系で起きた場合、胸が痛くなり、心臓麻痺が起きてしまいます。

コレステロールが血液中を運ばれる仕組みとの関係によって、コレステロールは、善玉と悪玉とにわかれます。

善玉コレステロールと悪玉コレエステロールの違いは?

HDL(善玉コレステロール)
コレステロールの他リン脂質を多く含む、比重が高い(High)リポたんぱく。肝臓や小腸で合成され、全身の細胞膜から過剰なコレステロールを抜き取り、肝臓に運搬する働きがあります。

LDL(悪玉コレステロール)
コレステロールを多く含みます。HDL(善玉コレステロール)より大きく比重は低い(Low)。体のすみずみの細胞に運ばれて細胞膜などの原料になります。また、血管の表面の細胞膜を作る働きもあります。

中性脂肪が高くなると善玉コレステロール(HDLーコレステロール)の値が減ってきます。

【善玉コレステロールの増やし方】

・動物性脂肪の摂りすぎを防ぐ (動物性脂肪、植物油、魚油の割合は1:1:1が理想)
・魚の脂肪(特に青背の魚を)積極的にとる。
・適度な運動を心がける。
・適度な飲酒。(ただし、飲みすぎには注意。1日に日本酒なら1合、ビールなら大ビン1本、ウイスキーならダブルで1杯程度)。


中性脂肪にはこちらをどうぞ


 
posted by ナイゾウ at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | ※コレステロールについて


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。